【看護留学】オーストラリアでワーホリ期間中にアシスタントナースとして働く!

【看護留学特集】ワーホリ中にシドニーで有給看護インターン

オーストラリアで日本の看護師資格・看護師経験を活かして他の人とは違うワーキングホリデーを経験したい方におすすめ!

語学力を身に付け、ローカルの環境(介護施設、クリニックなど)で看護・介護に携わる現場で働くことができるプログラム!看護師として働いていたワーホリ中の方に人気のアシスタントナースプログラムです。

アシスタントナース経験者が留学を決めた理由
・海外で新しいチャレンジをしたかった
・仕事に疲れて息抜きをしたかったが、医療に携わる経験を海外でしてみたかった。
・英語を学んで国際的に活躍したい。

アシスタントナースとは?

アシスタントナース(AIN/Assistant in Nursing)とは一言でいうと日本での介護士のような立場で、基本的には介護施設や高齢者施設がメインの勤務先となります。

■アシスタントナースとして働くための必要な資格について

①Certificate 3 in Individual Support
介護・老人施設・個人で経営しているクリニック・病院でのリハビリ病棟などで勤務が可能です。
※以下で紹介している学校ではこちらの資格が取得できます。

②Certificate Ⅲ in Health Services Assistance (Assisting in Nursing Work in Acute Care) 
看護系の科目も学ぶことができます。主な勤務先は介護・老人施設・個人で経営しているクリニック・Acute Care(短期治療や救急治療など)を提供している病院での勤務も認められています。
 
※上記2つの資格は政府によって正式に認められている資格です。
資格についての詳細はこちら⇒https://www.johokan.jp/Index_assistantnurse.php

アシスタントナースプログラム / Charter Australia(チャーター・オーストラリア)

看護師の方に人気のワーキングホリデー期間中に有給看護インターンを経験したい方のためにアシスタントナースプログラムをリーズナブルな価格で実施している、ノースシドニーにある学校です。
▼学校の詳細はこちら
https://www.johokan.jp/career_up/charter_australia.php

英語コースとアシスタントナースの資格を学べる学校の中では非常にリーズナブル!
充実した学生サポートと質の高い教育が評判で、毎回席が満席になるほど人気のプログラムです。
さらに最大人数は15名までと決められているため、積極的に発言できる雰囲気があると好評です。

場所:シドニー、オーストラリア (53 Walker Street, North Sydney, NSW)

卒業生がCharter Australiaに決めた理由
・圧倒的にリーズナブルな価格
・少人数制で先生の目がそれぞれの生徒に行き届く
・短期間でアシスタントナースの資格が取得できる
・充実したお仕事探しサポートがある
・医療英語も学べる一般英語コースをオファーしている

オーストラリアでアシスタントナースになるには英語力が必須

Charter Australia(チャーター・オーストラリア)を卒業後は主に地元の施設で勤務をすることになります。
つまり、完全に英語環境で働くことになり、患者さんや同僚とコミュニケーションを取れる、高いレベルの英語力が必要になります。

Charter Australiaのアシスタントナースプログラムでは、英語コースで語学をみっちり勉強しながら、アシスタントナースのコースを同時に勉強するので、英語力が心配な方もコース中に必要な語学力を身に付けることができます。
また、英語コースの内容もユニークで医療専⾨⽤語や職場での実践的なコミュニケーションスキルが⾝に付くように構成されています。
実際の現場に出た際に、授業とのギャップなく業務がこなせるように、しっかりと看護トピックや専⾨的なコミュニケーションスキルを習得することが出来ます。

留学費用はどのくらい?

プログラム費 7500ドル
(日本円:約600,000円 
※1ドル80円で計算)
入学金 200ドル
教材費 300ドル

他プログラムでは2倍程度費用がかかることもあるようですが、こちらのプログラムはとてもリーズナブル!

プログラムの内容は?

1年間(52週間)のワーキングホリデー期間中に

①1~16週:アシスタントナースプログラムを受講
・医療英語も学べる一般英語コース:週4日(月~木)
・Certificate 3 in Individual Support(資格コース):週1日(土)
・現場実習(120時間):週1日(金)

②17~52週:実務
実際にローカルの現場でアシスタントナースとしてお給料をもらいながら働きます。

卒業後、学校からの無料でお仕事の紹介を受けることができるので、ローカル企業で働く経験ができる可能性が広がります!

 

気になるお給料、働き方は?

カジュアル勤務での契約は最低時給は30ドル!
深夜勤務や土・日・祝日勤務になるとさらに時給がアップします!

アシスタントナースのお仕事はお給料が高いので、物価の高いオーストラリアで普通の生活をしながら旅行へ行くための貯金までできます★

 

…ちなみに通常のワーホリと比較すると(日本食レストランで働いている場合)…

オーストラリアの最低賃金が時給19.49豪ドル(2020年3月現在)ですが、残念ながら最低賃金を守っている日本食レストランは少なく、平均時給が15ドル、土・日・祝日に時給がアップすることもほぼ稀なケースです。

つまり!!有給アシスタントナースプログラムは通常のワーホリと比べると初期費用は高くなりますが、プログラム卒業後、現地の施設で働くことができればがっつり稼ぐことができます!

<卒業生の勤務形態の例>

※現在学校から紹介を受けて看護の派遣会社で勤務しているAさんの例です。
(派遣会社によって勤務時間、給与体系などは異なります。)

  勤務形 時給

勤務時間

トータル
モーニング アフタヌーン ナイト

6:00~14:00

    30ドル 7.5時間 225ドル
お休み

6:30~14:30

16:00~21:00

 

30ドル

/33ドル

7.5+5

=12.5時間

390ドル
お休み
 

14:25~20:25

22:00~6:00

30ドル

/33ドル

5.5+7.5

=13時間

412.5ドル
お休み

6:30~10:30

13:00~20:00

 

45ドル

/49.5ドル

4+5.5

=10時間

452.25ドル
合計 43時間 1479.75ドル

 

なんと、週4日の勤務で1500ドル近くのお給料が貰えます!

さらに派遣会社で働いているので、シフトがありません。自分が働きたいときに働き、休みたいときは休むことができるのは嬉しいですよね。

1ヶ月間、頑張って週4~5日シングルシフトとダブルシフトをこなし、お金をためてホリデーで旅行を楽しむという方も多いみたいですよ。

せっかくワーキングホリデーでオーストラリアに来ているので、しっかり休みを取って観光を楽しみたいですよね。

個別説明会実施中!

Zoomでの個別説明会も随時開催しております。
現地カウンセラーに直接質問いただけますので、ワーキングホリデービザで取得するアシスタントナースプログラムについて詳しくお話させていただくことが可能です。

個別説明会は無料となりますので、お気軽にご参加ください!

 

★LINEでのお問い合わせもお待ちしております!

友だち追加

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。