シドニーでおすすめの調理師・シェフ・ホスピタリティ専門学校8選

オーストラリア永住権が目指せる留学シリーズ 【クッカリー・調理師留学:シドニー編】 

 
 
世界に通用する調理師・シェフを目指す方はもちろんのこと、オーストラリア永住権を目指せる資格としても根強い人気のあるコマーシャルクッカリーコース。
特にシドニーはオーストラリアの都市の中でもクッカリーコースを提供している専門学校が最も多い激戦区でもあります。
今回はその中でもシドニー現地エージェントであるICN留学情報館がおすすめする調理師・シェフを目指せるクッカリー専門学校8選をご紹介いたします!
 
コマーシャルクッカリーコースについての詳細はこちら▼
 

ICN留学情報館おススメのシドニー調理師・シェフ専門学校6校

Kenvale(ケンベール)

オーストラリア初の私立ホスピタリティカレッジと言われている老舗の学校、Kenvale(ケンベール)。

キャンパスはシドニーシティよりバスで1本、20分ほど東へ向かったRandwickエリアにあります。
ローカルの生徒が多く、多文化な環境の中でお勉強いただけます。日本人はかなり少人数になります。
設備もしっかりしていますが、人数はそこまで多くなく、生徒ひとりひとりへのケアに重点をおいたアットホームな環境となっております。
また、長い学校の歴史により培われたたくさんの企業とのコネクションがあり、優良なインターンシップ先があることも魅力です。
授業のプログラムで有給インターンシップがあるため、学びながら働き稼ぐことができますし、卒業後の就職にも大変有利です。

◆ICN Kenvale紹介ページ http://www.johokan.jp/career_up/kenvale.php

◆Kenvale オフィシャルページ http://www.kenvale.edu.au/

 
Certificate 4 in Commercial Cookery
・授業料:21,000ドル(2020年度)
・入学金:200ドル
・教材費:200ドル/年
・ユニフォーム代:250ドル
・アメニティ費:200ドル/年
・First Aid資格費:125ドル
・RSA資格費:125ドル
・期間:1.5年
・CRICOS登録期間:78週間
・入学日:2月、7月、10月(年3回)
Diploma of Hospitality Management package with Cert IV in Commercial Cookery
・授業料:26,700ドル(2020年度)
・入学金:200ドル
・教材費:200ドル/年
・ユニフォーム代:250ドル
・アメニティ費:200ドル/年
・First Aid資格費:125ドル
・RSA資格費:125ドル
・期間:2
・CRICOS登録期間:52週間

・入学日:2月、7月、10月(年3回)
※C4 in Commercial Cookeryとのパッケージ

Quality Training & Hospitality College/QTHC(クオリティートレーニング&ホスピタリティカレッジ )

キャンパスはシドニーシティ内にあるPyrmont(ピアモント)というエリアにあり、海辺と公園に囲まれたキャンパスになります。ライトレール(路面電車)も通っているので通学に大変便利です。
QTHCはアデレードにもキャンパスを持ち、もともとはオーストラリア人向けにコースが開講されていました。クオリティの高い施設を有し、少人数制のクラスで運営されています。
 
◆ICN QTHC紹介ページ:https://www.johokan.jp/career_up/qthc.php  

QTHC オフィシャルページhttps://www.qthc.edu.au/sydney-international

Certificate 4 in Commercial Cookery package with Certificate III Commercial Cookery
・授業料:19,700ドル(2020年度)
・入学金:150ドル
・教材費:850ドル
・期間:1.5年
・CRICOS登録期間:78週間

・入学日:2月、4月、7月、10月
※C3 in Commercial Cookeryとのパッケージ
Diploma of Hospitality Management package with Cert III & IV in Commercial Cookery
・授業料:27,000ドル(2020年度)
・入学金:150ドル
・教材費:850ドル
・期間:2
・CRICOS登録期間:104週間

・入学日:2月、4月、7月、10月
※C3, C4 in Commercial Cookeryとのパッケージ

TAFE NSW(テーフ・ニューサウスウェールズ)

施設力は他校を圧倒、特にシドニーシティ近郊にあるNorth RydeキャンパスはNSW州トップクラスです。
TAFEで勉強する利点の一つに担当講師の質の高さがあります。 どの講師もシェフとしての長い経験があり有名レストランで働いたことのあるシェフもいます。
学内にレストランやバーを完備しており、実際に学内のレストランやバーでの実習も行われています。 
 
◆ICN TAFE NSW紹介ページhttps://www.johokan.jp/career_up/tafe_cookery.php  

Diploma of Hospitality Management→https://www.tafensw.edu.au/international/course-details/-/i/9E308C915B7452243AE19298AEE1D4DE/RN12168/Diploma-of-Hospitality-Management

Certificate 3 in Commercial Cookery
・授業料:17,310ドル(2020年度)
・教材費などその他費用:300~1000ドル
・期間:1年
・CRICOS登録期間:49週間

・入学日:2月、7月(年2回)
Certificate 4 in Commercial Cookery
・授業料:19,440ドル(2020年度)
・教材費などその他費用:300~1000ドル
・期間:1年
・CRICOS登録期間:44週間

・入学日:2月、7月(年2回)
Diploma of Hospitality Management
・授業料:14,680ドル(2020年度)
・教材費などその他費用:300~1000ドル
・期間:1
・CRICOS登録期間:72週間

・入学日:2月、7月(年2回)

William Angliss(ウィリアム・アングリス)

シドニーとメルボルンにある、飲食業・サービス業・旅行業に特化したホスピタリティ専門のTAFE。
メルボルンでは創立75年以上の歴史を誇るTAFEで長い歴史を誇っています。
William Anglissは何といっても施設力の高くが魅力で、キッチンの設備もクオリティが高いことが魅力です。
モチベーションの高い留学生が集まっていることも特徴で高度なスキルを学ぶことができます。
パティシエコースの専攻もオファーされています。
 
◆ICN William Angliss紹介ページhttps://www.johokan.jp/career_up/william_angliss_sydney.php(シドニー)
William Angliss オフィシャルページhttps://www.angliss.edu.au/
 
 

Certificate 4 in Commercial Cookery
・授業料:24,300ドル(2020年度)
・入学金:100ドル
・教材費:約500ドル
・その他費用(ユニフォーム、シューズ、備品):485ドル
・期間:1.5年
・CRICOS登録期間:78週間

・入学日:2月、4月、7月、10月
Diploma of Hospitality Management package with Cert IV in Commercial Cookery
・授業料:32,100ドル(2020年度)
・入学金:100ドル
・教材費:約500ドル
・その他費用(ユニフォーム、シューズ、備品):485ドル
・期間:2年
・CRICOS登録期間:78週間

・入学日:2月、7月(年2回)
※C4 in Commercial Cookeryとのパッケージ

Evolution(エボリューション)

キャンパスはシドニー中心地のタウンホール駅真上にある非常に便利なロケーションです。
週2日の通学で仕事との両立がしやすく、学校自体がホスピタリティー業界に強いコネクションをもっているので、一流レストランやホテルでのインターンシップの手配も可能です。
現在、最後のタームの費用2400ドルオフ+入学金オフというビッグキャンペーンを行っています。(2020年6月30日までにお支払いの方対象)
パティシエコースの専攻もオファーされています。
 
◆ICN Evolution紹介ページ:https://www.johokan.jp/career_up/evolution.php
Evolution オフィシャルページhttps://www.evolution.edu.au/
 
 
 
Certificate 4 in Commercial Cookery package with Certificate III Commercial Cookery
・授業料:24,200ドル(2020年度)
・入学金:250ドル
・教材費:なし
・期間:2年
・CRICOS登録期間:104週間

・入学日:1月、4月、7月、10月
※C3 in Commercial Cookeryとのパッケージ
Diploma of Hospitality Management package with Cert III & IV in Commercial Cookery
・授業料:26,600ドル(2020年度)
・入学金:250ドル
・教材費:なし
・期間:2年3か月
・CRICOS登録期間:104週間

・入学日:1月、4月、7月、10月
※C3&4 in Commercial Cookeryとのパッケージ

Wells InternationaCollege(ウェルズ・インターナショナルカレッジ)

とにかく安く費用を抑えたい、すでにシェフとしての経験があり、職場があるかたにお勧めの学校。
シドニーシティ中心部タウンホール駅から徒歩6分の場所にある通学に大変便利なロケーションです。
 
◆ICN Wells紹介ページ:https://www.johokan.jp/career_up/wic.php 

Wells オフィシャルページhttps://www.wic.edu.au/hospitality-and-commercial-cookery/

 

Certificate 4 in Commercial Cookery package with Certificate III Commercial Cookery
・授業料:12,000ドル(2020年度)
・入学金:200ドル
・CoE発行費:50ドル
・教材費:1200ドル(200ドル/ターム×6ターム)
・備品:800ドル
・期間:1.5年
・CRICOS登録期間:104週間
・入学日:1月、3月、6月、9月
※C3 in Commercial Cookeryとのパッケージ
Diploma of Hospitality Management package with Cert III & IV in Commercial Cookery
・授業料:15,500ドル(2020年度)
・入学金:200ドル
・CoE発行費:50ドル
・教材費:1350ドル
※内訳:C4→200ドル/ターム×6+Dip→75ドル/ターム×2)
・備品:800ドル
・期間:2年
・CRICOS登録期間:80週間

・入学日:1月、3月、6月、9月
※C3&4 in Commercial Cookeryとのパッケージ

SBTA/Sydney Business & Travel Academy(シドニービジネス&トラベルアカデミー)

SBTAはシドニーで歴史のある老舗ビジネス学校でクッカリーコースは2017年10月より新たにオープンしました。
クッカリーコースは週2.5日の通学となります。
 
◆ICN SBTA紹介ページ:https://www.johokan.jp/career_up/SBTA.php 

SBTA オフィシャルページhttp://www.sbta.com.au/commercialcookery/

Certificate 4 in Commercial Cookery
・授業料: 22,750ドル(2020年度)
・入学金:250ドル
・教材費:280ドル
・ユニフォーム代:990ドル
・期間:1.5年
・CRICOS登録期間:90週間
・入学日:2月、4月、7月、10月
Diploma of Hospitality Management package with Cert III & IV in Commercial Cookery
・授業料:26,140ドル(2020年度)
・入学金:250ドル
・教材費:300ドル
・ユニフォーム代:990ドル
・期間:2年
・CRICOS登録期間:104週間

・入学日:2月、4月、7月、10月
※C4 in Commercial Cookeryとのパッケージ

AIC/Australian International College(オーストラリアンインターナショナルカレッジ)

SBTAはシドニーで歴史のある老舗ビジネス学校でクッカリーコースは2017年10月より新たにオープンしました。
クッカリーコースは週2.5日の通学となります。
 

◆AIC オフィシャルページhttp://aic.nsw.edu.au/

Certificate 4 in Commercial Cookery
・授業料: 20,800ドル(2020年度)
・入学金:300ドル
・教材費(ユニフォーム・道具代):900ドル
・期間:1年9ヵ月
・CRICOS登録期間:90週間
・入学日:2月、4月、7月、10月
Diploma of Hospitality Management package with Cert III & IV in Commercial Cookery
・授業料:24,170ドル(2020年度)
・入学金:300ドル
・教材費(C4:ユニフォーム・道具代):900ドル+Diploma:250ドル
・期間:2年3ヵ月
・CRICOS登録期間:102週間

・入学日:2月、4月、7月、10月
※C4 in Commercial Cookeryとのパッケージ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
 
今回はシドニーでおすすめのシェフ・調理師専門学校を6校ご紹介しました。
将来のキャリアとしてシェフを目指している方、またコマーシャルクッカリーコースを受講することで先のビザもご検討されている方もお気軽にICN留学情報館までお問い合わせください!
 
 
 

ICNオーストラリア留学情報館 お問い合わせ フォーム ⇒ https://www.johokan.jp/contact.php

LINEでのお問い合わせはこちらから▼

Add friend

 
 

ICNウェブサイト → https://www.johokan.jp

ICNスタッフ紹介 → http://www.johokan.jp/staff.php

ICN Facebook → https://www.facebook.com/icnjapan.australia

ICNマガジン → https://blog.johokan.jp/ 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。