臨床検査技師

オーストラリアでMedical Laboratory Scientist/臨床検査技師・サイエンティストを目指す

Medical Laboratory Scientist ANZSCO 234611
技術査定団体:Australian Institute of Medical Scientists(AIMS)AIMS 
オーストラリアでの平均年収:97290ドル
今後の需要の伸び:Strong (joboutlook 参照データ

オーストラリアにおいてMedical Laboratory Scientistの需要は高く、オーストラリアで最も必要なトップ212職種のMLTSSLのひとつとして指定されています(2020年9月現在の情報)。本日は臨床検査技師をオーストラリアで目指すことに興味のある方のために基本情報を記載致します。詳細の留学プランニング、また現地就職やビザの情報も総合的に知りたい方は是非、ICNオーストラリア留学情報館までお問い合わせください。

オーストラリアにおける臨床技師関連の3職種

オーストラリアでは臨床検査技師の仕事はPathology Collector(病理コレクター)、Medical Laboratory TechnitianとMedical Laboratory Scientistという3職種にて区別されています。

① Pathology Collector(病理コレクター)は患者の自宅や施設から検体 を回収する仕事となり、専門学校AQF Certificate III in Pathology Collection(主に半年~9か月)にて取得可能。Regional Occupation List(ROL)の一職種であり、地方州スポンサービザSC491申請可能職種のひとつとなります。

② Medical Laboratory Techinitianは主に、Medical Laboratory Scientistの監視のもと、臨床検査を行う役職となり、専門学校(TAFE等)にてAQF Level 5 Diploma(日本の短大卒や専門学校3年卒レベル)が教育基準となり現時点では州スポンサーSkillビザ(SC190, SC491)やTemporary Skill shotage visa (SC482) 申請可能職種であるSTSOLに挙がっています。
コース例)DIPLOMA OF LABORATORY TECHNOLOGY(pathology):2年 TAFE NSW 授業料:41420ドル

③ Medical Laboratory Scientist(臨床検査サイエンティスト)を目指すためには通常、学士号4年、もしくは修士号レベルの就学が必要となり、統括団体であるAustralian Institute of Medical Scientists(AIMS)に認可されている指定コースの受講が必要となります。AIMSは先、skill系永住ビザの申請条件のひとつであるSkills Assessmentを行っている団体でもあり、その技術査定基準は明確にガイドラインに公表されています。詳細はこちら

技術査定通過にはIELTS7(全分野)、OETB以上の英語力、また認定コース受講後でも、さらにThe AIMS Professional Examと呼ばれるShort Written Exam(合格ライン50%以上のスコア)に合格することが査定の基準となり、この内容は通常は2年業務経験の知識レベルの基準と公表されています。
留学生で卒業後、卒業生ビザにて2年(もしくは地方大学卒であれば3年~4年の可能性)の間にこのテストと英語をクリアすることで先の可能性が広がります。オーストラリアでMedical Laboratory Scientistとして仕事をする際、ライセンスは必要ないため、他の医療資格と異なり、英語や上記の試験が通過していない状況でも大学コースを通過していれば実際に仕事に就くことができる点も魅力のひとつです。

臨床検査サイエンティストとは?

オーストラリアでの臨床検査サイエンティスト(Medical Laboratory Scientists)は血液学、臨床化学、微生物学、組織学、血清学など、病理学における広範囲な分野で活躍しています。血液、組織、体液臨床試験を様々な化学的知識によるメソドロジーをもって実施し、病気予防や治療、診断における臨床医のアシストを行います。また、テストの結果の質・信頼性に責任を持ち、さらにそのテスト結果を分析・解釈し、新しい試験の開発することまでが業務責任の一環となります。

臨床検査技師を目指す

Coronavirus COVID-19 medical test vaccine research and development concept. Scientist in laboratory study and analyze scientific sample of Coronavirus antibody to produce drug treatment for COVID-19.

永住権の可能性は?

Medical Laboratory Scientist (ANZSCO 234611)はMLTSSL職種となり、以下すべてのSkill ビザの申請の可能性がある職種となります。
査定団体AIMS認可コース修了、その後、IELTS7(全分野)の英語証明と、筆記試験の合格をもって正式に技術査定の通過が可能です。
ライセンスは必要ない職種のため、大学コースを卒業後、卒業生ビザ(Subclass 485)に移行し、その間に技術査定を通過させ、それぞのビザの条件を揃えるという流れになります。以下、それぞれのビザの申請条件は異なり、規定も変動していきます。就職に成功することでポイントが加算されたり、申請が可能となるビザがありますが、卒業生ビザを3年や4年確保できる大学(地方エリア)に進学をすることで、ビザのルール・基準変動の対策もしやすくなります。将来のビザも見据えた教育プランニングをご希望の方はICNオーストラリア留学情報館までお問い合わせください。業界17年以上の経験あるビザ&留学コンサルタント(有資格MARN:0637738)が教育機関とビザの最新情報を含めた同時総合コンサルテーションを無料で提供しております。2つの専門知識を融合するコンサルテーションを実現することで、両分野の情報を同時に得ることで、先の目標やプランの組み立てがより明確になるようサポートさせていただきます。

Subclass 189:技術独立永住ビザ
Subclass 190:州スポンサースキル永住ビザ
Subclass 491:地方州スポンサー就労技術ビザ(2段階)
Subclass 494:地方雇用主スポンサー永住ビザ(2段階)
Subclass 186 :雇用主スポンサー永住ビザ

技術査定団体:Australian Institute of Medical Scientists(AIMS)AIMS 

 

AIMS登録の大学コース一覧

University Program Accreditation

Graduates of these programsare classified as a Medical Laboratory Scientist ANZSCO 234611 for those wishing to apply to migrate to Australia under the General Skilled Migration visa categories, and are eligible for Professional membership of AIMS.

Program Title Program Code

Accreditation Status

Current Period Notes
         

Central Queensland University
Bachelor of Medical Laboratory Science (Honours) CL10 Full (2 years)

Jan 1, 2019 – Dec 31, 2021

 
Charles Darwin University
Bachelor of Medical Laboratory Science WMLSC1 Full

Jan 1, 2018 – Dec 31, 2020

 
Charles Sturt University
Bachelor of Medical Science (Pathology)   Full

Jan 1, 2019 – Dec 31, 2020

 
Curtin University
Bachelor of Science (Laboratory Medicine) BLabMed Full

Jan 1, 2019 – Dec 31, 2022

 
Fiji National University
Bachelor of Medical Laboratory Science BMLS Full (2 years) Jan1, 2020 – Dec 31, 2021  
Griffith University
Bachelor of Medical Laboratory Science 1370 Full Jan 1, 2019 – Dec 31, 2022  
James Cook University
Bachelor of Medical Laboratory Science (Honours) 70309 Full Jan 1, 2018 – Dec 31, 2021  
Murdoch University
from 2020 Bachelor of Laboratory Medicine B1374 Full Jan 1, 2020 – Dec 31, 2022 Includes the subspecialisation streams: Biomedical Science, Genetics and Molecular Biology, Forensic Biology and Toxicology

Bachelor of Science/Bachelor of Laboratory Medicine

B1337

Full Jan 1, 2019 – Dec 31, 2022

Students who completed the program in 2018 will be considered as graduating from an AIMS-accredited program.

From January 1, 2019, only students completing the program which complies with the conditions set out in the 2019 Accreditation Report will be recognised as graduating from an AIMS-accredited degree. This recognition expires on Dec 31, 2022.
Prospective applicants should contact the program coordinator at the University for advice on these requirements.

Queensland University of Technology
Bachelor of Medical Laboratory Science LS47 Full Jan 1, 2018 – Dec 31, 2021  
RMIT University
Bachelor of Biomedical Science (Laboratory Medicine) BP147 Full Jan 1, 2020 – Dec 31, 2023  
Master of Laboratory Medicine MC158 Full Jan 1, 2020 – Dec 31, 2023

AIMS-accreditation requirements must be followed.
These requirements are stated in the AIMS accreditation report held by the university. Prospective applicants should contact the program coordinator at the University for advice on these requirements.

University of South Australia
Bachelor of Laboratory Medicine (Honours) IHBL Full Jan 1, 2020 – Dec 31, 2023  
University of Tasmania
Bachelor of Laboratory Medicine M3U Full Jan 1, 2017 – Dec 31, 2020  
Master of Laboratory Medicine M7U Full (2 years) Jul 1, 2019 – Jun 30, 2021 Only the Professional Experience Sequence is accredited
University of Western Australia
Master of Clinical Pathology 92610 Full Jan 1, 2019 – Dec 31, 2022  
         
         
 

注目の大学院 1:タスマニア大学 (University of Tasmania)


タスマニア大学 (University of Tasmania)ホバート、Tasmania

Master of Laboratory Medicine
コース期間:2年
入学時期:2月
入学条件:a recognized Bachelor degree in Biochemistry or a Medical Science, Health Science, Science or other related discipline including studies of Biochemistry/Physiology at second year and some first or second year Immunology and Microbiology
英語条件:IELTS (Academic) 6.5 (no individual band less than 6.5)
年間授業料:33144ドル
Professional recognition:AIMS認可コース
奨学金:有り(25%割引となる奨学金可能性あり:詳細はICNオーストラリア留学情報館までお問い合わせください)

数少ない修士号2年でAIMSに登録されているコースを有するのがタスマニア大学です。2021年コース費用は $ 57,589 AUD (暫定)と公表されています。入学条件には過去の学士号に関する審査が高めに設定されていますが、成績80%以上を学士号で保持している方は奨学金25%の可能性も生じます。学士号で4年の就学の場合は10万ドルを超えていきますが、もし同分野の学士号を有する方でしたら費用セーブが可能です。
大学のパンフレットはこちらからダウンロード

注目の大学院 2:チャールズダーウィン大学(Charles Darwin University) ダーウィン、NT

チャールズダーウィン大学(Charles Darwin University), ダーウィン、NT
Master of Medical Laboratory Science
コース期間:2年
入学時期:2月
入学条件:a recognised bachelor degree in biomedical or medical health disciplines.
英語条件:A minimum overall score of 6.5 with no band less than 6.0.
年間授業料:33144ドル
Professional recognition:This course has been designed to meet the accreditation guidelines of Australian Institute of medical scientists (AIMS), however graduates are eligible to apply for membership with AIMS.
奨学金:有り 10%~25%割引となる奨学金可能性あり:詳細はICNオーストラリア留学情報館までお問い合わせください

ダーウィンに位置するチャールズダーウィン大学(CDU)は2019年より新しくMaster of Medical Laboratory Scienceをスタートしています。AIMSの正式認可プロセスは卒業生が登録して正式登録となるため、現時点では認定コースではないですが、卒業生はMembershipに申請ができると公表されております。チャールズダーウィン大学各種プログラムの実務研修とNTでの雇用の可能性に関する資料はこちらをダウンロード

注目の大学3: 学士号4年、Griffith College→グリフィス大学2年次へ

 

グリフィスカレッジ→グリフィス大学2年次へ編入 ゴールドコースト

Diploma of Health Sciences
入学時期:3月、6月
コース期間:8か月もしくは12か月
2020年度コース授業料:33500ドル
入学条件:高校卒業+Mathematics B and at least one of Biology, Chemistry or Physics (or equivalent)
(詳細基準はICNオーストラリア留学情報館までお問い合わせください)
英語条件:IELTS 6.5 with no sub-score < 6.0

BACHELOR OF MEDICAL LABORATORY SCIENCE

コース期間:通常4年(Diploma 経由で2年次へ編入)
入学時期:Trimester 1(2月), 2(7月)
2020年度年間学費:33500ドル
入学条件:DiplomaにてGPA 4.5/7(及び希望学生の中で上位10名内)
英語条件:IELTS(Academic) 7
PROFESSIONAL RECOGNITION:The Australian Institute of Medical Scientists (AIMS) and the Institute of Biomedical Science (IBMS)
他詳細:ICNオーストラリア留学情報館にお問い合わせください
人気のゴールドコーストにキャンパスを構えるグリフィス大学は医療分野でも知名度が高く、最新設備を整える大学病院も併設しています。グリフィス大学の魅力はGriffith CollegeのDiploma of Health ScienceからBACHELOR OF MEDICAL LABORATORY SCIENCE(通常4年)の2年次編入(10席限定)のパスウェイがある点といえます。Collegeの英語入学基準はIELTS6.5と直接入学より易しめでまたコースにはたくさんの留学生がいるため、英語やアカデミックサポートも充実しており、先、大学で成功する準備も兼ねることができます。またもし医療や健康分野で先の進学を迷っている場合も、Diploma of Health Scienceでの成績次第で、様々な医療分野の学士号に進める可能性があり高校を卒業してから、医療分野でと考える第一ステップとして推奨される選択肢となります。(※但し、理学療法や作業療法士など一部のコース希望者はDiploma of Health Scienceでの受講科目にその分野での必須科目があるので注意が必要です。詳細はICNオーストラリア留学情報館までお問い合わせください。)
 
 
 

ICNオーストラリア留学情報館 お問い合わせ フォーム 👇 
https://www.johokan.jp/contact.php

LINEでのお問い合わせはこちらから 👇

友だち追加

 

ICNウェブサイト → https://www.johokan.jp

ICNスタッフ紹介 
→ http://www.johokan.jp/staff.php

ICN Facebook → https://www.facebook.com/icnjapan.australia

ICNマガジン → https://blog.johokan.jp

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。