メルボルン人気語学学校6校の手配する学生寮(学生レジデンス)のご紹介

「世界で最も住みやすい都市」に7年連続で選ばれたメルボルンは、安全性や教育の面でも高く評価されているだけあって、留学先としても人気のある都市です。これからメルボルンの学校に留学をご検討される方は、学校の情報はもちろん、どんな滞在先を選ぶかということも重要なポイントですよね。

今回は、はじめてメルボルンに留学する方にお勧めの滞在方法の一つとして、メルボルンで人気の語学学校で学生寮の手配を行ってくれる学校についてご紹介します。

メルボルンに留学する方の3つの滞在方法(ホームステイ・学生寮・シェアハウス)

メルボルンで勉強する留学生の滞在方法としては、ホームステイ・学生寮・シェアハウスの3つの方法があります。学生寮(学生レジデンス)は、シェアハウスの一種で、業者が運営していて入居者が学生であるという点が一般的なシェアハウスと異なります。
その中で、はじめてメルボルンにいらっしゃる方には最初にホームステイか学生寮で2~8週間ほど過ごすのがお勧めです。
 
最も費用をセーブすることのできる滞在方法は自分で探すシェアハウスですが、日本にいながらメルボルンのシェアハウスを探すのは、実際に物件を見ることもできませんし、詐欺や金銭のトラブルなどのリスクも高いです。語学学校やエージェントが手配してくれるホームステイや学生寮は安全な滞在先ですので、まずはメルボルンで安心できる滞在先で数週間過ごし、慣れてきたら自力で探すという方法がお勧めです。
 
ちなみにICN留学情報館では、弊社を通じて4週間以上お申込みいただいた方には、メルボルンのオフィスでのオリエンテーションの一環として、シェアハウスの探し方と注意点をアドバイスしています!
 
今回はこれからメルボルンに留学される方の到着直後のおすすめの滞在先として、語学学校が手配してくれる学生寮をご紹介します。
 

メルボルンで学生寮手配を行っている人気語学学校

 
今回ご紹介するのは、下記6校の語学学校が手配する学生寮です!

ILSC(アイ・エル・エス・シー)
Discover English(ディスカバー・イングリッシュ)
Impact English College (インパクト・イングリッシュ・カレッジ)
Lonsdale Institute|Bespoke(ロンズデール・インスティテュート|ビースポーク)
Ability English(アビリティー・イングリッシュ)
Greenwich English College(グリニッチ・イングリッシュ・カレッジ)

 
メルボルン語学学校がそれぞれどんな学生寮を手配してくれるか、学生寮それぞれの特徴と気になる家賃をご紹介します。※同じ学生寮でも学校によって、手配しているお部屋のタイプが異なる事があります。すべて2020年4月現在の価格となります。最新の料金はICN留学情報館までお問い合わせください。
 
尚、人気のある学生寮は空きがないことも多いのでできるだけ早くご予約いただくことをお勧めします!

ILSC(アイ・エル・エス・シー)

  

豊富な選択授業が魅力の語学学校!英語オンリーのポリシーも厳しいのでしっかりとした英語環境!
語学学校の紹介はこちら ⇒ https://www.johokan.jp/gogaku_ryugaku/ILSC_MEL.php

学生寮 iglu(イグル)
学生寮の特徴 メルボルンシティ内、ビクトリアマーケットの近くの便利なロケーション。部屋にカードキーがありセキュリティ万全。家賃はメルボルン学生寮の中で高めだが、ハイクオリティな設備と学生寮利用者向けイベント開催などのサービスが魅力。
最低滞在期間 4週間
家賃
※2020年4月現在

435ドル/週 

(25週以上予約の場合は405ドル/週)

シングルルーム 個室にバスルーム完備(シェアハウス)
 

515ドル/週 

(25週以上予約の場合は479ドル/週。カップルの滞在の場合は70ドル/週追加)

スタンダード スタジオアパートメント(ワンルームマンション)
キッチン付き

手配料 260ドル
空港送迎 160ドル(メルボルン・タラマリン空港)
入居時のデポジット 200ドル
退去時のクリーニング費用 70ドル
インターネット 無料
共有設備 Gym・バーベキューエリア・自転車置き場
   
学生寮のロケーション

 

Discover English(ディスカバー・イングリッシュ)

 
質の高い教師陣!ケンブリッジコースは特にお勧め!
語学学校の紹介はこちら ⇒ https://www.johokan.jp/gogaku_ryugaku/discoverenglish.php
 
学生寮 iglu(イグル)
学生寮の特徴 メルボルンシティ内、ビクトリアマーケットの近くの便利なロケーション。部屋にカードキーがありセキュリティ万全。家賃はメルボルン学生寮の中で高めだが、ハイクオリティな設備と学生寮利用者向けイベント開催などのサービスが魅力。
最低滞在期間 4週間
家賃
※2020年4月現在

509ドル/週 

(カップルの滞在の場合は70ドル/週追加)

スタンダード スタジオアパートメント(ワンルームマンション)
キッチン付き
手配料 250ドル
空港送迎 無料
入居時のデポジット 500ドル
退去時のクリーニング費用 70~170ドル
インターネット 無料
共有設備 Gym・バーベキューエリア・自転車置き場
   

学生寮のロケーション

学生寮 Le Student 8(ル・スチューデント8)
学生寮の特徴 キッチン・バス付のきれいな個室と充実した設備が魅力的。シティから公共交通機関で約40~50分ほどのロケーション。ロケーションより設備重視の方におすすめ。
最低滞在期間 1週間
家賃
※2020年4月現在

310ドル/週 

(4週以上予約の場合は290ドル/週)

ツインルーム (23sqm・シングルベッド×2)個室にバスルーム完備

キッチン付き

 

380ドル/週 

(4週以上予約の場合は360ドル/週)

ツインルーム (40sqm・クイーンベッド×2)個室にバスルーム完備

キッチン付き

手配料 250ドル
空港送迎 160ドル(メルボルン・タラマリン空港)240ドル(メルボルン・アバロン空港)
入居時のデポジット 200ドル(8週間までの滞在)500ドル(8週間以上の滞在)
退去時のクリーニング費用 100ドル
インターネット 追加料金
共有設備 Gym・プール・サウナ
   

学生寮のロケーション

 

Impact English College (インパクト・イングリッシュ・カレッジ)

徹底したイングリッシュオンリーポリシー&バリスタコースやケンブリッジコースに定評あり!
語学学校の紹介はこちら https://www.johokan.jp/gogaku_ryugaku/Impact.php

学生寮 Le Student 8(ル・スチューデント8)
学生寮の特徴 キッチン・バス付のきれいな個室と充実した設備が魅力的。シティから公共交通機関で約40~50分ほどのロケーション。ロケーションより設備重視の方におすすめ。
最低滞在期間 5週間
家賃
※2020年4月現在

290ドル/週 

 

ツインルーム (23sqmシングルベッド×2)個室にバスルーム完備

キッチン付き

 

360ドル/週 

 

ツインルーム (40sqm・クイーンベッド×2)個室にバスルーム完備

キッチン付き

手配料 250ドル
空港送迎 160ドル(メルボルン・タラマリン空港)240ドル(メルボルン・アバロン空港)
入居時のデポジット 200ドル(59日未満の滞在)、500ドル(59日以上の滞在)
退去時のクリーニング費用 100ドル
インターネット 5ドル/日、20ドル/週、50ドル/月
共有設備 Gym・プール・サウナ
   

学生寮のロケーション

 

Lonsdale Institute|Bespoke(ロンズデール・インスティテュート|ビースポーク)

リーズナブルな授業料が魅力!週2.5日の語学コースは時間の制限にある方に人気!
語学学校の紹介はこちら https://www.johokan.jp/gogaku_ryugaku/euro.php

学生寮 Le Student 8(ル・スチューデント8)
学生寮の特徴

キッチン・バス付のきれいな個室と充実した設備が魅力的。シティから公共交通機関で約40~50分ほどのロケーション。ロケーションより設備重視の方におすすめ。
ロンズデール|ビースポークではラグジュアリータイプのクイーンシングルのお部屋も手配可能です。

最低滞在期間 1週間
家賃
※2020年4月現在

4週間未満の場合は時期によって家賃が変動しますのでお問い合わせください。

4週間~8週間 345ドル
9週間~17週間 325ドル
18週間~25週間 295ドル
26週以上 280ドル

ツインルーム (23sqm・シングルベッド×2)個室にバスルーム完備

キッチン付き

 

4週間未満の場合は時期によって家賃が変動しますのでお問い合わせください。 

4週間~8週間 415ドル
9週間~17週間 395ドル
18週間~25週間 365ドル
26週以上 350ドル

ツインルーム (40sqm・クイーンベッド×2)個室にバスルーム完備

キッチン付き

 

4週間未満の場合は時期によって家賃が変動しますのでお問い合わせください。 

4週間~8週間 690ドル
9週間~17週間 650ドル
18週間~25週間 590ドル
26週以上 560ドル

シングルルーム(26sqm・クイーンベッド×1)

個室にバスルーム完備

キッチン付き

手配料 290ドル
空港送迎 165ドル
入居時のデポジット 200ドル(2か月までの滞在)500ドル(2か月~1年)
退去時のクリーニング費用 100ドル
インターネット 5ドル/日、20ドル/週、50ドル/月
共有設備 Gym・プール・サウナ
   

学生寮のロケーション

 

学生寮 OZi House Village
学生寮の特徴 メルボルンシティもしくはサウスヤラの便利なロケーション。リーズナブルな価格が魅力の学生寮。
最低滞在期間 4週間
家賃
※2020年4月現在

395ドル/週 

シングル(シェアハウス)

 

250ドル/週 

ツイン/ダブルルーム (シェアハウス)

 

225ドル/週

3人部屋

 

210ドル/週

4人部屋

手配料 290ドル
空港送迎 165ドル
入居時のデポジット 2週間分の家賃
退去時のクリーニング費用 50ドル(ルームシェア)、100ドル(シングル)
インターネット 無料
その他

シーツ:購入の場合40ドル・レンタル20ドル

ヒーター・クーラー:5ドル/週

共有設備 キッチン・バスルーム
学生寮のロケーション

 

Ability English(アビリティー・イングリッシュ)

サバイバルイングリッシュコースとバランスの良い国籍バランスに定評あり!日本人率低め!
語学学校の紹介はこちら https://www.johokan.jp/gogaku_ryugaku/Ability_MEL.php

学生寮 2stay (Cozzy Stay)
学生寮の特徴 シティから公共交通機関で30分以内のロケーション。スタンダードな設備でお手頃な価格の学生寮。
最低滞在期間 4週間
家賃
※2020年4月現在

395ドル/週 

シングル(シェアハウス)

 

235ドル/週 

ツインルーム (シェアハウス)

 

452ドル/週

ワンベッドルーム アパートメント 個室にバスルーム・キッチン付き
(2020年4月現在リフォーム中のため申し込みを受け付けておりません。)

手配料 300ドル
空港送迎 45ドル
入居時のデポジット なし
退去時のクリーニング費用 50ドル (ワンベッドルームアパートメントは80ドル)
インターネット 無料
共有設備 シェアハウスタイプの学生寮はキッチン・バス共有
   

学生寮のあるサバーブ

※上記の赤い印は2stayの学生寮のあるサバーブを示すだけで、実際の学生寮の場所ではありません。

学生寮 OZi House Village
学生寮の特徴 メルボルンシティもしくはサウスヤラの便利なロケーション。リーズナブルな価格が魅力の学生寮。
最低滞在期間 4週間
家賃
※2020年4月現在

395ドル/週 

シングル(シェアハウス)

 

250ドル/週 

ツイン/ダブルルーム (シェアハウス)

 

225ドル/週

3人部屋

 

210ドル/週

4人部屋

手配料 300ドル
空港送迎 170ドル(メルボルン・タラマリン空港)250ドル(メルボルン・アバロン空港)
入居時のデポジット 2~4週間分の家賃
退去時のクリーニング費用 50ドル(ルームシェア)、100ドル(シングル)
インターネット 無料
その他

シーツ:購入の場合40ドル・レンタル20ドル

ヒーター・クーラー:5ドル/週

共有設備 キッチン・バスルーム

学生寮のロケーション

 

学生寮 OZi House Hostel
学生寮の特徴 格安シェアハウス!メルボルンシティからトラムで20分ほどの便利なロケーション。とにかく費用を抑えたいという方で大勢でのシェアも気にならない方におすすめ。
最低滞在期間 4週間
家賃
※2020年4月現在

185ドル/週 

ツイン/ダブルルーム(シェアハウス)

 

170ドル/週 

3人部屋

 

160ドル/週

4人部屋

 

150ドル/週

5人部屋

 

145ドル/週

6人部屋

手配料 300ドル
空港送迎 300ドル 空港送迎 170ドル(メルボルン・タラマリン空港)250ドル(メルボルン・アバロン空港)
入居時のデポジット 2週間分の家賃
退去時のクリーニング費用 なし
インターネット 無料
その他

ヒーター・クーラー:5ドル/週

共有設備 キッチン・バスルーム

学生寮のロケーション

 

Greenwich English College(グリニッチ・イングリッシュ・カレッジ)

クオリティ重視の方にお勧め!初中級向けのケンブリッジコースをメルボルンで唯一開講!
語学学校の紹介はこちら https://www.johokan.jp/gogaku_ryugaku/greenwich_MEL.php

学生寮 2stay (Cozzy Stay)
特徴 シティから公共交通機関で30分以内のロケーション。スタンダードな設備でお手頃な価格の学生寮。
最低滞在期間 4週間
家賃
※2020年4月現在

395ドル/週 

シングル(シェアハウス)

 

235ドル/週 

ツインルーム (シェアハウス)

 

575ドル/週

ワンベッドルーム アパートメント 個室にバスルーム・キッチン付き
(2020年4月現在リフォーム中のため申し込みを受け付けておりません。)

手配料 290ドル
空港送迎 121ドル
入居時のデポジット 350ドル
退去時のクリーニング費用 50ドル (ワンベッドルームアパートメントは80ドル)
インターネット 無料
共有設備 シェアハウスタイプの学生寮はキッチン・バス共有
   

学生寮のあるサバーブ

※上記の赤い印は2stayの学生寮のあるサバーブを示すだけで、実際の学生寮の場所ではありません。

語学学校に学生寮を手配してもらうメリット

メルボルンの学生寮には、自分で申し込みをする場合は6か月、もしくは1年間の滞在が基本となっている学生寮もあります。このような学生寮でも、語学学校を通じて申し込むと、空きがあれば最低滞在期間として1~4週間という短期での申し込み可能です。また、今回ご紹介するメルボルンの人気語学学校はすべて日本人スタッフが在中しているので、困ったときに相談しやすいというのも大きなメリットですね。
 

語学学校に学生寮を手配してもらうデメリット

語学学校はそれぞれ特定の学生寮と提携していますので、どこの学生寮でも手配してもらえるわけではありません。尚、ICN留学情報館でも2stay(Cozzy House)の学生寮を手配することが可能です。2stayの学生寮の紹介はこちら

メルボルン学生寮のまとめ

メルボルンの学生寮、といっても、価格・ロケーション・セキュリティ・部屋のタイプ・部屋の広さ・シェアする人数・ベッドの大きさ・施設・建物の築年数・などで価格にかなり幅があることがご理解いただけましたでしょうか?
いずれにせよ、メルボルン到着直後の滞在先を語学学校に手配してもらうのは安心できるという点でお勧めですね。
 
尚、ICN留学情報館でも弊社を通じて4週間以上学校にお申込みいただいた方には、学生寮やホームステイのアコモデーション手配を承っております。弊社で手配できるメルボルンの学生寮の情報はこちらをご覧ください
 
メルボルンに留学をお考えの方、語学学校・専門学校・TAFE・大学のコースや留学手続き、宿泊先に関するご質問などございましたらお気軽にICN留学情報までお問い合わせくださいませ。
 
 

ICNオーストラリア留学情報館 お問い合わせ フォーム ⇒ https://www.johokan.jp/contact.php

LINEでのお問い合わせはこちらから▼

Add friend
 

ICNウェブサイト → https://www.johokan.jp

ICNスタッフ紹介 → http://www.johokan.jp/staff.php

ICN Facebook → https://www.facebook.com/icnjapan.australia

ICNマガジン → https://blog.johokan.jp/ 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。