【オンライン留学】オンライン英会話コースでオーストラリア留学を体験しよう!

日本にいながらオーストラリア留学を経験しよう! 語学学校が提供しているオンライン英会話コースとは?

 

オーストラリア留学を予定していたのに、 コロナウィルスの影響で渡航できなくなり、留学をあきらめかけている方にも、この機会に英語を上達させたい考えている方にも朗報です!

現在オーストラリアではコロナウィルス感染拡大防止策として、厳しい規制が設けられており、ほとんどの語学学校がZoom(ズーム)などオンラインミーティングを使ったオンラインでの授業に移行していることで、オンライン留学ができるようになりました!
これまでオーストラリア語学学校の英語コースは現地でしか受講することができなかったのですが、オンラインコースに移行をきっかけに、本場の英語コースを日本で受講できる学校が増えています!
 
通常のオンライン英会話は講師とマンツーマンでとにかく話す、会話をするということをメインにしています。
正直なところ、特に基盤となる英語力がまだ乏しく、英語を話すことに慣れていない初心者~中級者には英語の上達は非常に難しい環境であると言えます。
一方で語学学校の英語コース(オンライン留学)では英会話はもちろんのこと、全体的に英語でのコミュニケーション力を伸ばすためのカリキュラムがしっかりと組まれ、オンラインでも同様のプログラムを受講します。
英語でのコミュニケーション力を伸ばすには、4技能(スピーキング、リスニング、ライティング、リーディング)+文法&語彙を満遍なく習得することが不可欠です。
語学学校はこの5つの方面を同時に学び、インプットした知識をアウトプットしていくプログラムのため、効率的に英会話力をアップさせることができます。
 
ほとんどのオーストラリア語学学校がオンラインは期間限定として開講しているので、今がオーストラリアの英語レッスンを受講できる絶好のチャンスではないでしょうか?
 
 
 

オーストラリア語学学校のオンライン留学はこんな方におすすめ

 
・留学を予定していたけれど、入国制限で渡航できずキャンセルを検討されている方
・留学できる期間に制限があり延期が難しい方

・来年専門/大学留学を予定していて、英語を間に合わせたい!という方
・オーストラリア留学のために仕事を辞めてしまい、日本で待っているだけの状態になっている方
・留学の予定はないけれど、英語レッスンの受講を考えていた方
・外出自粛の期間を有意義に過ごしたい方
 
 

オーストラリア語学学校のオンライン留学のメリットは?

「英会話」だけではない、英語上達に必須となる5技能を習得できる

英語力アップには、スピーキング、リーディング、リスニング、ライティング、文法・語彙を総合的に習得することが必須となります。
語学学校のプログラムは「英語でのコミュニケーション力」を上達させることを大切にしカリキュラムが組まれているので、満遍なく英語を習得することができます。
 
 

試験対策コースなど、ご自身の目的に合ったコースの受講が可能

英会話レッスンのみではなく、語学学校が提供しているIELTSやケンブリッジコース、また進学を考えている方は進学英語コースを受講することも可能です。日本ではなかなか受講できないコースを家にいながら受けることができるチャンスです。
 

世界中の学生と一緒に授業を受けることができる

よくある1対1のオンライン英会話レッスンではなく、 世界各国の学生と一緒に授業を受けることができます。
同じ英語レベルの学生と日本にいながら話をする機会があるのは大きな学びとなります。
クラスメイトとディスカッションの時間なども設けられているので、各国の文化の違いなどを学べる機会にもなります。
 

タイムリーに受講することができる

オーストラリアと日本の時差は1時間しかないので、時間を気にすることなくレッスンを受講することができます。
 
 

集中的に一定期間学ぶことができる

通常のオンライン英会話レッスンの場合は、15~30分/回となりますが、語学学校のオンライン英語コースの場合、1日4~5時間(1~1.5時間/レッスン)×週4~5日となるので、週に20~25時間レッスンを受講することになります。
例えば留学のために会社を辞めて、渡航までに時間がある方などは留学前の準備としてもおすすめです
 
 

質の高い講師たちの授業を受けることができる

語学学校の講師は基本的に資格を保有している方や英語教育に精通している方が多いため、クオリティが高い授業を受けることができます。
 
 

オーストラリア語学学校のオンライン留学のデメリットは?

インターネット環境に大きく左右される

オンラインはインターネット環境によって通信状況が左右されやすいため、ネット環境が整っていないとストレスになることもあります。
 

対面式の授業よりもオンラインは自分から発言するのが難しいこと

オンライン上では対面式よりも質問をするタイミングや発言するタイミングが難しいというフィードバックもあります。
 

直接クラスメイトと会えない

オンラインの授業で他のクラスメートと交流する機会はありますが実際に会うことができないので授業以外で交流を持つことは難しくなります。
 

まとまった時間が必要

週4~5日、1日に約4~5時間は英語コースの受講が必要となるのですき間時間でコースを受講することはできないため、まとまった時間を作れる方向けとなります。

日本からオンライン留学ができるオーストラリアの語学学校

ILSC

シドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレードにキャンパスを有する、オーストラリアで人気の語学学校です。厳しいイングリッシュ・オンリー・ポリシーを取り入れており、英語を最大限に伸ばす環境を整えている学校です。
オンラインで提供されるコースは一般英語、進学英語コースのみとなります。

費用 授業料:190ドル/週、入学金:230ドル、教材費:10ドル/週
オンラインコース開講期間 2020年12月31日まで
受講できるコース

English Communication (一般英語)
English for Academic Purpose(進学英語)

タイムテーブル

月~金 10.00am-2pm(日本時間)※週20時間

La lingua/ラ・リングア

シドニーの中心地に位置する語学学校です。La Linguaは、楽しく実践的な英会話を学び、 主にスピーキング力を鍛えるカリキュラムを取り入れています。(会話中心コース)

費用 授業料:180ドル/週、入学金:170ドル、教材費無料
オンラインコース開講期間 2020年9月末まで
受講できるコース

・一般英語:会話中心 Elementary/ Pre-Intermediate 
・一般英語:4技能総合 Pre-Intermediate 

タイムテーブル

月曜~金曜 
・一般英語:会話中心 Elementary/ Pre-Intermediate 8時半〜13時半(日本時間)
*(face to faceレッスン後は月〜木)
・一般英語:4技能総合 Pre-Intermediate 15時半〜19時半(日本時間)

※注意点:対面式のレッスンに戻った後は、クラスルームの中にコンピューターを設置して引き続きZoom等でオンラインレッスンを行います。
会話中心コースは対面式に戻った後、金曜日に課外のアクティビティが入りますので月曜日から木曜日までのレッスンとなります。
これによる料金の割引等はございません。
 
 
 

UEC

進学英語コースで評判が良く、卒業生からのフィードバックが高いシドニーの人気名門校。
TAFEや大学に進学を考えている方におすすめの語学学校です。

費用 授業料:260ドル/週、入学金:200ドル、教材費:自己負担(直接テキストを購入していただきます。)
オンラインコース開講期間 2021年3月5日まで (政府やASQAの方針により変更の可能性もあります)
受講できるコース

・一般英語
・AEP(進学英語)

タイムテーブル

一般英語(デイ):09:30 – 14:15
一般英語(イブニング):16:30 – 20:50
AEP1:10:00 – 14:45
AEP2:10:30 – 15:15
AEP3:11:00 – 15:45

TULC(Torrens University/トーレンス大学付属語学学校)

Torrens大学付属の語学学校。将来的に専門コースや大学進学を検討されている方におすすめです。

費用 授業料:230ドル/週、入学金:125ドル、教材費無料
オンラインコース開講期間 未定
受講できるコース 一般英語
進学英語(EAP)
タイムテーブル

月曜~金曜 15:40~20:00(日本時間)

 

まとめ

実際にオーストラリアで行われているハイレベルな英語の授業を受けるチャンスがオンライン留学です。  
もともと予定していた留学が絶望的になってしまった方はもちろんですが、外出自粛要請に伴い余った時間ができた方など、この機会に本場の英語レッスンを体験してみませんか?
時間を有意義に使い、日本にいながら英語力をアップさせるチャンスです!
 
オンラインで体験英語レッスンを受け付けている語学学校もございますので、気になる方はお気軽にお問い合わせくださいね!
 
 
 

ICNオーストラリア留学情報館 お問い合わせ フォーム ⇒ https://www.johokan.jp/contact.php

LINEでのお問い合わせはこちらから▼
友だち追加

ICNウェブサイト → https://www.johokan.jp

ICNスタッフ紹介 → http://www.johokan.jp/staff.php

ICN Facebook → https://www.facebook.com/icnjapan.australia

ICNマガジン → https://blog.johokan.jp/ 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。