2021年度のMigration Program

2020-2021年会計年度のMigration program planning levelと過去の比較

2020年10月に例年より3か月遅れてのMigration Program Planning Levelが公表されました。トータル上限数は昨年と同じ16万となっていますが、現在、COVID19 の影響で海外で永住ビザを取得しても入国ができない状況であり、本会計年度(2020年7月1日~2021年6月30日)の実際のNet Migrant数は戦後初めてのマイナスとなる(-73200人)となる見通しとなっています

本年度のMigration Program Plannning Levelの各ビザの内訳の大きな変更点としては以下の3点が挙げられます。

①Skill Independent枠を筆頭にSkill Streamは大幅削減、

②現在約10万のケースが審査中といわれているパートナービザの上限枠数が例年の約2倍の72300

③新しく昨年よりはじまっているGlobal Talent枠の上限枠数が昨年度4500より15000と大幅にアップ

国内のパートナービザやオーストラリア経済再興に最も重要なSkillを有する方を優先させる政策に本会計年度はシフトチェンジしている状況が伺えます。詳細は以下、昨年度のデータと本年度のPlannning Levelの表をご参照ください。

Skill Independent VIsa(Subclass189)の現状は、昨年度はポイントが90Pt以上に跳ね上がって、高い得点の方のみ、という状況でしたが、2021年10月21日のInvitation Roundではポイントが65PtでCritical Skillとして必要といわれている看護師に優先的にInvitationが発行されており、会計や他の多くの職種にはInivtation自体発行されない、という状況にあります。また州スポンサーも州毎でその州が必要とする方を優先させる特別措置が発動しています。

変革、イノベーションのためのビザといわれるGlobal Talent枠は昨年4500より15000と大幅な枠数となっています。Global Talent Independent Programとは以下の7つの分野における有能な人材、年収15万3,600ドル以上を見込める方を対象としたビザとなり、審査速度も非常に速い(2日~2か月)といわれています。現地留学生に関してはIT系のResearch分野の留学生がアクセスできている可能性が高いようです。 
https://www.sbs.com.au/language/english/265-indians-get-invited-to-apply-for-fastest-permanent-residency-pathway-in-australia

  • AgTech
  • Space and Advanced Manufacturing
  • FinTech
  • Energy and Mining Technology
  • MedTech
  • Cyber Security
  • Quantum Information, Advanced Digital, Data Science and ICT

 

2020-2021年度(2020年7月1日~2021年6月30日)のSkilled Streamのターゲット上限数一覧表

2020-21 Migration program planning levels
Stream and Category 2020-21
Skill stream
Employer Sponsored 22,000
Skilled Independent 6,500
Regional 11,200
​State/Territory Nominated 11,200
Business Innovation & Investment program 13,500
Global Talent 15,000
Distinguished Talent 200
Skill Total 79,600
Family Stream
Partner 72,300
Parent 4,500
Other Family 500
Family Total 77,300
Special Eligibility 100
Child (estimate; not subject to a ceiling) 3,000
Total 160,000

 

2019-2020年度(2019年7月1日~2020年6月30日)のSkilled Streamのターゲット上限数一覧表

019-20 Migration program planning levels

Stream and Category 2019-20
Skill stream
Employer Sponsored(雇用主スポンサー) 30,000
Skilled Independent(ポイントシステム) 16,652
Regional 25,000
– Skilled Employer Sponsored(地方雇用主スポンサー SC494) 10,000
– Skilled Work Regional(地方州スポンサー技術就労ビザ:暫定 SC491) 15,000
State/Territory Nominated(州スポンサービザ SC190) 24,968
Business Innovation & Investment program 6,862
Global Talent 5,000
Distinguished Talent 200
Skill Total 108,682

2017-2018年度、2018-2019年度のMigration Progam、Skilled Streamの結果と2019-2020年のPlannningの比較

  2017-2018(実際の結果) 2018-2019(実際の結果) (上限数 2019-2020)
Employer Nomination Scheme 29,307 33,025 30,000
Regional Sponsored Migration Scheme 6,221 8,987 10,000
Employer Sponsored Total 35,528 42,012 40,000
       
Skilled Independent 39,137 34,247 16,652
Skilled Regional 1,574 647 15,000
State/Territory Nominated 27,400 25,346 24,968
Points Tested Total 68,111 60,240 56620(Plan)

 

ICNオーストラリア留学情報館 お問い合わせ フォーム 👇 https://www.johokan.jp/contact.php

LINEでのお問い合わせはこちらから 👇

友だち追加

ICNウェブサイト → https://www.johokan.jp

ICNスタッフ紹介 
→ http://www.johokan.jp/staff.php

ICN Facebook → https://www.facebook.com/icnjapan.australia

ICNマガジン → https://blog.johokan.jp

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。